簡単ライブ配信(ブラウザ単体配信)機能をリリースしました

外部配信ツール(OBS Studio等)の導入や操作が難しいという方向けに簡単にライブ配信が行える機能をリリースしました。

最新の更新情報や操作方法は下記よりご確認ください。

引き続き映像の公開範囲やチャットの参加者設定・外部配信ツールを利用した配信方法につきましては下記をご覧ください。なおスティッカムでは「OBS Studio」を推奨しております。

■リリース内容

  • HTML5ブラウザ配信機能(β版)
    • 外部配信ツール(OBS等)を利用・導入しなくてもブラウザ単体でカメラ・マイクを選択するだけで簡単にライブ配信を行うことができます。
    • ブラウザ配信機能はGoogleChromeのみ対応です。
    • 現時点でChrome以外のブラウザは、ブラウザの仕様により配信機能の対応が行えないためご利用いただけません。
    • 映像・音声品質は、FlashPlayer版(低遅延モード)から行えるブラウザ単体の配信と比べ大幅に向上します。
    • 映像・音声のビットレートは任意で調整することはできません。
    • 映像の遅延等は現行のままとなります。OBS等で設定にミスのある方と比べると低遅延となります。
    • 本機能リリースに伴い、FlashPlayer版(低遅延モード)から行えるブラウザ単体の配信機能は削除を行う予定です。

■HTML5ブラウザ配信機能(β版)

20180706.png


本日のメンテナンスはすべて終了となりました。

2018年7月10日(火)10:00よりHTML5ブラウザ配信機能のリリース及びメンテナンスを行います。

メンテナンス中、スティッカムの全サービス(サポートお問合せも含む)を停止させていただきます。(ライブ配信をされている方は自動的に切断されますので予めご了承ください。)

メンテナンス日程:2018年7月10日(火)10:00-12:00 予定