ライブ配信を行う際に補助ソフトを用いることで新しい楽しみや演出を行うことができます。

OBS Studio(ver.17.0.2)をご紹介させていただきます。

OBS Studioに関する質問等につきましてはサポート外とさせてさせていただきます。また導入によりPC等々に問題が発生した場合、一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

*OBS Classic(旧OBS)の利用方法につきましてはこちらから。

【OBS Studioをご利用になる前に外部ツール配信機能を有効にする】(初期設定)

【初期設定】*重要*

  1. スティッカムに「ログイン」
  2. ログイン後「マイページ」へ移動
  3. 詳細の設定」から「外部配信ツール設定」項目にある「認証キーの取得」から「取得する」にチェック
  4. 保存する」をクリック

<3.参考画像>

faq0042_0010.png


【OBS Studioご利用方法】

<スティッカム側の設定>

  1. スティッカムに「ログイン」を行い、ご自身もしくはお友達等の配信を行いたいページへ移動
  2. ライブ配信を行いたい画面にマウスカーソルを移動し「設定」をクリック
  3. ライブ配信設定」から「ストリーム名」と「RTMP接続情報」を確認して下さい。

<2.補足画像>

faq0062_001.png

<OBS Studio側の設定>

■ダウンロードとインストール

  1. OBS公式サイトへアクセス(https://obsproject.com/)してください。
  2. 「Download OBS Studio」をクリックしてください。
  3. ご利用環境に合わせ「OBS Studio」をダウンロードしてください。
  4. ダウンロードされた「OBS Studio」を実行し、手順に従いインストールしてください。

インストールが完了し「OBS」を起動すると下記の画面が表示されます。

faq0117_01.png

■配信先設定

  1. 「OBS Studio」を起動もしくは起動していることを確認してください。
  2. 「OBS Studio」の画面右下の「設定」をクリックし、左の項目から「配信」をクリックします。
  3. 「カスタムストリーミングサーバー」を選択し
    • 「URL」:<スティッカム側の設定>の「RTMP接続情報」を貼り付け
    • 「ストリームキー」:<スティッカム側の設定>の「ストリーム名」を貼り付け
  4. 最後に「OK」をクリックすることで設定が完了となります。

<補足画像>

faq0117_09.png

■配信クオリティ設定

  1. 設定」から「出力」をクリック
  2. 配信項目の映像ビットレート・音声ビットレートを合わせて564kbps以下になるよう数値を入力してください。

<補足画像>

faq0117_04.png

■配信映像の設定とライブ配信

ここでは実際のライブ配信を行う映像の設定方法をご説明します。

シーンを複数作ることでウェブカメラや静止画、デスクトップキャプチャーなどの切り替えを簡単に行うことができます。

「シーン」の設定

  1. 「OBS Studio」を起動し画面向かって左下の「シーン」を確認してください。
  2. 「+」をクリックすると新しいシーンが追加されます。*削除したい場合は「-」をクリック

「ソース」の設定

「シーン」それぞれに「ソース」を設定することで画面に表示させる内容を決めていきます。

  1. 「OBS Studio」を起動し画面向かって左下の編集したい「シーン」を選択します。
  2. 「ソース」の「+」をクリックすると、どのようなソースを設定したいのか一覧選んでクリックしてください。*削除したい場合は「-」をクリック

  例えば

    • 静止画を表示させたい場合は「画像」を選択
    • PCのデスクトップを表示させてたい場合は「ウィンドウキャプチャ」を選択
    • Webカメラを表示させたい場合は「映像キャプチャデバイス」を選択 etc

<補足画像>

faq0117_07.png

■「シーン」と「映像」の設定が完了したら実際に配信してみましょう。

画面向かって右下の「配信開始」をクリックするとライブ配信を行うことができます。

faq0117_08.png

【注意事項】

ライブ配信終了後のJASRAC申請は未報告件数が10件になりますとライブ配信を行うことができません(外部配信ツールからスティッカム配信サーバーにアクセスすることができません。)。ライブ配信終了後は速やかにJASRAC申請をお願い致します。