スティッカムでは簡単にライブ配信を行うことができます。ご利用環境に合わせライブ配信をお楽しみください。


【高画質ライブ配信方法】

ライブ配信用のソフトウェアを利用することで高画質配信をお楽しみいただけます。高画質配信方法につきましては各配信ソフトごとにご確認ください。なおスティッカムでは「OBS Studio」を推奨しております。


【低画質ライブ配信方法】

お使いのブラウザのみで簡単に配信をお楽しみいただけます。

  1. スティッカムに「ログイン
  2. サイト右上のをクリック「ライブ開始(ビデオカメラのマーク)」(もしくは配信を行いたい「スティッカムホーム」>「ライブ」ヘ移動)
  3. (3.参照画像を参考に)①「設定」をクリックし②「カメラ」&「マイク」のデバイスを選択してください。選択が完了したら③「×」をクリックしライブ配信設定画面を閉じます。
  4. (4.参照画像を参考に)④「ライブ開始スタート」ボタンをクリックするとライブ配信が開始されます。また⑤「チャットに参加する」をクリックすることでチャットも開始されます。

*スマートフォン向けに視聴対応を行う際は必ずコーデックの選択を「G711」に設定してください。それ以外のコーデックを選択するとスマートフォン視聴おいて無音となります。

<3.参照画像>

faq0041_003.png

<4.参照画像>

faq0041_001.png

【ライブ配信終了方法】(2通り終了方法がございます。)

  • ライブ配信画面の中央のアイコン「配信を終了します」をクリック*推奨*
  • ブラウザを閉じることで終了となります。

faq0041_010.png

【ライブ配信設定に関して(詳細設定に関して)】

映像や音質など詳細な設定を行う際に下記を参考に自身のライブ配信にあった設定を行って下さい。

ライブ配信の映像画面左上の「設定」アイコンをクリックすることで「ライブ配信設定」が表示されます。

faq0041_003.png

  • 「カメラ デバイス」:PCに入力されたカメラデバイスが表示されますので利用するカメラの選択をしてください。*ご利用環境(PC/ブラウザ/FlashPlayer/Webカメラなどのバージョン)によりカメラデバイスが入力出来ない場合がございますので予めご了承下さい。)
  • 「カメラ 解像度」:入力されたカメラデバイスに応じて解像度が表示されます。スティッカムでは最大1280×720まで対応です。アスペクト比4:3で入力された場合はWebカメラや配信補助ソフトにより、映像の上下カットや引き伸ばしにより16:9に変更される場合がございます。
  • 「カメラ fps」:1秒間のフレームレート数となります。15/30フレームの選択が可能になっておりフレーム数が多いほど映像が滑らかになります。なお、回線速度が不安定な場合は15フレームをお選び下さい。
  • 「カメラ kbps」:映像のクオリティの設定を行うことが可能です。値が大きいほど映像のクオリティが上がりますが回線が不安定な場合やPCのスペックが低い場合は値を小さく設定して下さい。
  • 「マイク デバイス」:PCに入力されたマイクデバイスが表示されますので利用するマイクの選択をしてください。*ご利用環境(PC/ブラウザ/FlashPlayerなどのバージョン)によりマイクデバイスが入力出来ない場合がございますので予めご了承下さい。)
  • 「マイク kHz」:サンプリング周波数の値を意味します。周波数の数値と音質設定でクオリティが決まります。音質をあげる場合はkHzの設定も高めの設定を行なって下さい。
  • 「コーデック」:PCから入力した音をライブ配信の際に変換する音声形式となります。スティッカムでは「speex」「nellymoser」「G711の3種類から選択が可能です。デフォルトは「nellymoser」となります。
    1. speex」:speexは音声の高/低音域をカットし、中音域をメインにすることで声を聴きやすく会話に適したコーデックとなります。また音声の高/低音域をカットすることで音声のビットレートも下げることも可能です(音声のビットレートを下げた分は映像品質のビットレートに割り当てることが可能です。)
    2. nellymoser」:speexと違い高/低音域がカットされず、音楽(弾き語り)などに適したコーデックとなります。高/低音域がカットされない分speexよりビットレートが高くなりますが、音声を重要視される方はこちらをお使いください。
    3. G711」:G711に設定することでスマートフォン視聴に対応した配信を行うことが出来ます。スマートフォン向けにも配信を行いたい方はG711に設定をお願い致します。*スマートフォン向けに視聴対応を行う際はこちらのコーデックの選択をお願いします。
  • 「マイク 音質」:音のクオリティの設定となります。音質を上げる際はマイクkHz設定も高めに設定をしてください。
  • 「送信バッファー」:ライブ配信のバッファを調整することができます。ライブ配信において配信者から弊社システム、最終的に視聴者へ映像音声が送られますが、その際安定性を担保する値となります。送信バッファの数値を少なくするとリアルタイム性のある配信となりますが配信/弊社システム/視聴者の間で余裕がないため映像が止まってしまうなどの問題が発生する場合があります。逆に値を高くすることで配信の安定性は増しますが、リアルタイム性に欠けてしまいます。スティッカムはカメラ(ビデオチャット)やテキストチャットでの参加などリアルタイムコミュニティを重視しているため最大5秒(5s)までの設定となります。
  • 「ストリーム名」:ライブ配信ソフト設定用の「ストリーム名」となります。
  • 「RTMP名」:ライブ配信ソフト設定用のRTMP(接続先URL)名となります。

【ライブ配信中のアイコンに関して】

マイクアイコンの右側に「映像の切り替え」アイコンが表示されます。このアイコンをクリックすることで

ローカルモニター(エンコード前のWebカメラ等の取り込まれた画質)

サーバーモニター(エンコード後の実際に配信される画質)

を切り替えることができ、映像のクオリティを確認をすることができます。

faq0041_004.png